シエンタとフィットの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

シエンタとフィットの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

トヨタの人気車種であるシエンタは、形状が似た車が非常に多くあります。

その中のひとつであるホンダのフィットも、シエンタのような形状をしています。

そんな似ているシエンタとフィットで比較をした際に外観や内装の広さ、燃費や価格など、どのぐらい違うのかを様々な視点から比較をしてみました。

シエンタとフィットで購入を悩んでいる人や、どちらがお得か知りたいという人も参考にしていただければと思います。

シエンタとフィットを比較!基本的な違いや共通点は?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタとフィットの比較をする前、まずは基本的な違いや共通点を抑えておきたいと思います。

基本的な違いや共通点を知っておくことで、細かい比較をした際にも理解しやすくなると思います。

排気量(エンジンの大きさ)

引用:https://toyota.jp/sienta/

 

シエンタ:1.5L(1,500㏄)

フィット:1.5L(1,500cc)、1.3L(1,300cc)

排気量(エンジンの大きさ)ですが、基本的にはシエンタもフィットも同じとなります。

またフィットは一部1,300ccのグレードも展開をしています。

排気量が同じということは基本的には同じレベル程度の車でもあるということになります。

グレード

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタ:ハイブリッド車・ガソリン車

フィット:ハイブリッド車、ガソリン車

細かいグレード別の価格などは後で紹介をしていきます。

シエンタもフィットもハイブリッド車とガソリン車のグレード展開をしている車になります。

結構共通点が多いので、購入の際には余計悩みますね。

乗車人数

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタ:5人/6人/7人

フィット:5人

ここはシエンタとフィットの違いにもなりますが、シエンタは3列シート(2列シードグレードもあり)の車となり、フィットは2列シートの車となります。

販売会社

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタ:トヨタ

フィット:ホンダ

ここも大きな違いとなりますが、販売をしている会社が違います。

販売をしている会社が違うということは、購入の際などにはシエンタと強みと弱み、フィットんも強みと弱みをしっかりと理解しておくことで、値引き交渉の際には、交渉がしやすくなります。

またフィットだけに限らず、値引きの交渉を有利に進めるためには、他のライバル車の強みを知っておくことが重要にもなります。

参考:シエンタのライバル車との比較まとめ

シエンタとフィットを比較!グレード別価格はどのぐらい違う?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

それでは基本的な違いと共通点を知った上で、様々な比較をしていきます。

まずは価格です。

グレード別の価格を比較することで、どの程度の価格帯で購入ができるのかを知ることができます。

新車価格と中古車価格相場でまとめました。

シエンタとフィットのグレード別新車価格は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはシエンタとフィットそれぞれのグレード別の新車価格を見ていきます。

◆シエンタの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード(ハイブリッド) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,579,500円
G 2,424,400円
X 2,268,200円
FUNBASE G 2,383,700円
FUNBASE X 2,227,500円
グレード(ガソリン) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,213,200円 2,357,300円
G 2,058,100円 2,202,200円
X 1,850,200円 1,994,300円
FUNBASE G 2,017,400円
FUNBASE X 1,809,500円

※『FUNBASE』とついたグレードが2列シートの仕様となっています。

 

◆フィットの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

ハイブリッド車グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID・S Honda SENSING 2,246,200円 2,411,200円
HYBRID・L Honda SENSING 2,117,500円 2,282,500円
HYBRID・F 1,849,100円 2,047,100円
HYBRID 1,731,400円 1,929,400円

 

ガソリン車グレード 2WD (FF) 4WD
RS・Honda SENSING (CVT)2,088,900円

(6MT)2,088,900円

15XL・Honda SENSING 1,887,600円 2,052,600円
13G・S Honda SENSING 1,823,800円 2,021,800円
13G・L Honda SENSING 1,684,100円 1,882,100円
13G・F (CVT)1,455,300円

(5MT)1,455,300円

1,653,300円

 

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

新車価格を見ていくと一番安いグレードだとフィットの方が安くはなりますが、価格帯としては同じぐらいの価格帯ということがわかります。

排気量も同じで価格帯も同じということで、ライバル車としてそれ以外の価値の部分を知ることが大切になりますね。

参考:シエンタのグレードの機能の違いを紹介

シエンタとフィットの中古車価格を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いてはシエンタとフィットの中古車価格の違いも比較をしていきます。

シエンタ:89万円~287万円

フィット:39万円~233万円(2013年以降モデル)

新型での中古車価格を比較しました。

シエンタの方が中古車相場としてはやや高めにはなります。

フィットも年式の古い車種については結構安くなっていますが、他の車と同様に年式の新しい車種はそこまでの値崩れはしていません。

参考:シエンタのグレード別下取り価格はどれぐらい?

シエンタとフィットを比較!広さや大きさの差はある?

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタとフィットを比較したときに気になるのが大きさや広さですね。

外回りの広さや、車内空間はどれぐらい違うのか見ていきましょう。

特に価格が同価格帯だけに、コンパクトな車がいいのか、室内空間が広いほうがいいのかも選択をする要素になってきますね。

シエンタとフィットの外回りのサイズは?

引用:https://toyota.jp/sienta/

ますはシエンタとフィットの外回りのサイズの違いを比較していきます。

外回りサイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
シエンタ 4,260mm 1,695mm 1,675mm
フィット 3,990mm 1,695mm 1,550mm

 

横幅はシエンタとフィットで同じですが、長さや高さはシエンタの方が大きくなります。

やはり3列シート車だけあり、それなりの大きさがありますね。

参考:シエンタは機械式駐車場に駐車できる?

シエンタとフィットの最小回転半径は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

最小回転半径を比べるとどうでしょうか。

シエンタ=5.2m

フィット=4.7m

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

フィットの方が最小回転半径は小さくなります。

最小回転半径は小さいほうが小回りが効く車ということになります。

そのため、フィットの方が運転はしやすくなりますので、狭い路地の運転が多い人や、運転に慣れていない人には向いていますね。

シエンタとフィットの車内のサイズは?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

続いてはシエンタとフィットの車内のサイズも比較をしていきます。

車内サイズ 室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
シエンタ 2,535mm 1,480mm 1,280mm
フィット 1,935mm 1,450mm 1,280mm

外回りのサイズで優れたほうは

長さ:シエンタ

横幅:シエンタ

高さ:同じ

特に長さは差が大きいですね。

室内空間を重要視したい人は、間違いなくシエンタの方がいいですね。

特にファミリー層にはシエンタをおすすめします。

引用:https://toyota.jp/sienta/

子供がいる場合には、室内空間は絶対に広いほうがおすすめになります。

例えば年末年始やお盆の長期休みにみんなで実家に帰るなんてときは、それなりの荷物を積むことになるかと思いますが、室内空間が広いとある程度荷物も積んでも座席は余裕になります。

また長距離の運転の際には狭い空間よりも広い空間の方がストレスも減ってきます。

ストレスによって子供がぐずりだしたりなんてこともありますからね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

また何といってもスライドドアはとにかく便利です。

スーパーやショッピングセンターの駐車場で子供の車の乗り降りの際に、ドアを隣の車にぶつけないかどうか心配になることってないですか?

スライドドアならその心配は一切ありません。

また小さな子供を抱いていて両手がふさがっている時も、スライドドアならリモコンでドアを開けることもできるので、とても便利なんです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

そういった意味でも、室内空間も広くスライドドアもあるシエンタはファミリー層には特におすすめになります。

シエンタとフィットの収納力を比較

続いてはシエンタとフィットの収納力も見ていきましょう。

どんなシートアレンジができるのかを写真で紹介します。

◆シエンタの収納力

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆フィットの収納力

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタとフィットの比較で言うと、やはりシエンタの方が収納力も高いです。

ただ、フィットも意外と収納力があり、自転車も積めるほどの大きさがあります。

フィットの外観からは想像できないほどの収納力があるのも特徴ですね。

関連記事⇒シエンタの人気カラーTOP3はこれ!

シエンタとフィットの標準タイヤサイズを比較

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタ:185/60R/15

フィット:175/70R/14

※グレードによって15インチのグレードや、16インチもあります。

タイヤサイズは、シエンタが15インチ、フィットは14インチとなります。

太さもシエンタの方が太いタイヤを装着しています。

タイヤサイズなどはインチアップをすることで、お手軽にカスタムができ自分独自の車に変身もできるので、興味のある人はインチアップも面白いですね。

参考:シエンタのタイヤサイズは?インチアップはできる?

シエンタとフィットを比較!見た目はどう違う?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

 

続いては見た目の部分を比較していきます。

シエンタとフィットは同じような形状をしているため、知らない人にとって見れば、同じ見た目に見えたりもするようです。

そこで、今回はシエンタとフィットがどのぐらい見た目が違うのかを見ていきます。

シエンタとフィットのフロントを比較

まずは顔の部分の比較をしていきます。

◆シエンタのフロント

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆フィットのフロント

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

斜めからのフロントの写真を見ると、結構似てはいますよね。

ただし、シエンタの最大の特徴はヘッドライトの端から下に伸びるラインになります。

これはかなり特徴的なラインにもなり、他の似ている車と見比べる時も、このラインで判断がしやすくなるかと思います。

◆シエンタのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆フィットのヘッドライト

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタとフィットのヘッドライトも、2台ともに吊り上がったヘッドライトをしていますが、フィットの方が細長いヘッドライトになります。

シエンタとフィットのリア(バック)を比較

続いてはシエンタとフィットのリア部分の比較をとなります。

◆シエンタのリア

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆フィットのリア

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

リアから見た際に、違いを明確にできるのは、ブレーキランプの形の違いですね。

シエンタは横長のブレーキランプに対して、フィットは縦長のブレーキランプになります。

◆シエンタのブレーキランプ

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆フィットのブレーキランプ

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

 

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

また横から見たときに、シエンタの方がラインがまっすぐで、フィットはやや丸みを帯びている感じにもなります。

参考:シエンタのモデルチェンジ予想は?

シエンタとフィットを比較!燃費はどっちがいい?人気(販売台数)の差は?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

続いてはシエンタとフィットの燃費です。

もちろん燃費が良いほうが維持費の観点からもお得になりますので多くの人が気になる部分になります。

シエンタとフィットのカタログ燃費と実際に燃費を比較していきます。

シエンタとフィットのカタログ燃費を比較

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆シエンタのカタログ燃費

シエンタカタログ燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 28.8km/L
ガソリン車 20.2km/L 15.4km/L

 

◆フィットのカタログ燃費(ガソリン車)

カタログ燃費 2WD 4WD 2WD(5MT) 2WD(6MT)
フィット 24.6km/L 20.2km/L 21.8km/L 19.2km/L

◆フィットカタログ燃費(ハイブリッド車)

カタログ燃費 2WD 4WD
フィット 34.0km/L 28.6km/L

まずハイブリッド車で燃費を比較すると

シエンタハイブリッド(2WD):28.8km/L

フィットハイブリッド(2WD):34.0km/L

とフィットの方が優勢となります。

またガソリン車でも比較をすると

シエンタガソリン(2WD):20.2km/L

フィットガソリン(2WD):24.6km/L

ガソリン車についてもフィットの方が燃費が良いということがわかります。

シエンタとフィットの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

ではシエンタとフィットの実際の燃費(実燃費)も見ていきましょう。

◆シエンタの実燃費

シエンタ実際の燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 20.5km/L
ガソリン車 12.8km/L 11.7km/L

 

◆フィット実燃費(ガソリン車)

実燃費 2WD 4WD 2WD(5MT) 2WD(6MT)
フィット 15.8km/L 12.5km/L 16.1km/L 14.2km/L

◆フィット実燃費(ハイブリッド車)

実燃費 2WD 4WD
フィット 22.2km/L 20.3km/L

実際の燃費もハイブリッド車、ガソリン車でフィットの方が燃費が良くなります。

燃費については様々な要因がありますが、そのうちのひとつに車体重量があります。

シエンタ:1,320㎏~1,380㎏

フィット:1,010㎏~1,150㎏

と、最大300㎏近くの重さの差があります。

これだけの差があれば当然燃費への影響も出ますよね。

フィットは車体重量が軽いことで、低燃費にもなっています。

参考:シエンタの実燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

シエンタとフィットの加速性能は?

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

シエンタとフィットの加速性能についても見ていきましょう。

加速については感覚的な部分も大きくはなってきますが、先程紹介をした車体重量から考えても、加速についてはフィットの方が優れています。

エンジンが同じ大きさで車体が軽い分、加速がしやすくなっています。

参考:シエンタの加速性能は悪い?

シエンタとフィットの人気と販売台数の差は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いてはシエンタとフィットの人気について比較をしました。

2017年4月~2018年3月の人気ランキング

シエンタ:15位

フィット:12

2017年4月~2018年3月の販売台数

シエンタ:90,756台

フィット:99,734台

販売ランキングや台数でみると、フィットの方がわずかに勝っています。

ただし、シエンタもフィットも多くの車がある中で非常に高い順位に位置していて、2台の人気ぶりがわかります。

参考:シエンタの安全性能は優れている?

シエンタとフィットのカラーバリエーションの違いを比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いてはシエンタとフィットのカラーバリエーションも比較をしていきます。

◆シエンタ:全16種類

モノトーン(単色):10種類

ツートン(2色)    :6種類

 

参考:シエンタの全ボディカラーはコチラ

 

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆フィット:全12種類

モノトーン(単色):12種類

 

カラーバリエーションとしてはシエンタの方が多くあります。

またフィットはモノトーン(単色)のみの展開となっております。

フィットのカラーバリエーション紹介

◆サンセットオレンジⅡ

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆シャイニンググレー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆ルナシルバー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆ミッドナイトブルービーム・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆プラチナホワイト・パールⅡ

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆プレミアムクリスタルレッド・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆クリスタルブラック・パール

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆モーニングミストブルー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆ブリリアントスポーティブルー・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆ルージュアメジスト・メタリック

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆プレミアムアイボリー・パールⅡ

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

◆ブリティッシュグリーン・パール

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

プレミアムイエロー・パールⅡ

※現在生産していません。

引用:https://www.honda.co.jp/Fit/

 

参考:シエンタの人気カラーTOP3は?

シエンタとフィットを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/sienta/

ここまでシエンタとフィットを様々な視点で比較をしてきました。

もう一度比較をして要点をまとめますと

・エンジンの大きさは同じ1,500cc(フィットは1,300ccもあり)

・外寸はシエンタの方が大きい

・室内サイズもシエンタの方が大きい

・燃費はフィットの方が良い

といった感じでした。

車を見た目で決めるのももちろん大事ですが、見た目は個人の好みがあるので、今回は別の視点からみまして、

機能や広さで選ぶならシエンタ

燃費で選ぶならフィット

になるのではないでしょうか。

それらも総合的にみて買うのがおすすめなのは

シエンタ

になります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

理由としては、たしかにフィットの方が燃費は良くなりますが、その差をみると実際の燃費では約1.7㎞/Ⅼの差しかないということです。

それ以外では明らかにシエンタが勝っていますので、その程度の燃費の差なのであればシエンタの方がお得になるかなと思います。

もちろん、実際の燃費は環境によっても変わってきますので、必ずしも上記の数値になるわけではありませんが、そこまで違いはありませんので、やはりシエンタをおすすめします。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓