シエンタ・おすすめ人気カラー色ランキングTOP3はこれだ!カラーバリエーション(色見本)紹介

シエンタ・おすすめ人気カラー色ランキングTOP3はこれだ!カラーバリエーション(色見本)紹介

シエンタはサイズ感も大きな魅力ですが、カラーバリエーション(色の種類)も人気のひとつになります。

そんなシエンタのカラーバリエーション(色見本)の紹介と、おすすめの人気カラーTOP3をまとめました。

シエンタの購入を考えている際には、是非参考にしていただければと思います。

シエンタ・カラーバリエーションサンプル(色見本)紹介!

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはじめに、シエンタにはどんなボディカラーがあるのかを紹介していきます。

最初の抑えておきたいのが、シエンタのカラーバリエーション(色の種類)ですが、

モノトーン(単色):10種類

ツートン(2色)    :6種類

合計16種類のカラーバリエーション(色の種類)の中から選ぶことができます。

ではどんなボディカラーがあるのか見ていきましょう。

モノトーンのボディカラー紹介

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはモノトーンの10種類のカラーバリエーションを紹介します。

多くのカラーバリエーションの中には、2列シートにしかないボディカラーや、3列シートにしかないボディカラーもあります。

また、メーカーオプションで追加料金が必要なボディカラーもありますので、それも踏まえて選んでみるのもいいですね。

ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

どんな車種でも人気の高いホワイト系のボディカラーになります。

年代や世代を問わずにとにかく幅広い層にも人気が高いのが特徴ですね。

更には男性でも女性でも人気が安定して高いのもこのホワイト系のカラーになります。

またこのボディカラーについては塗装が非常に強いことから、ワックスの頻度も低くていいボディカラーになります。

経済的にもうれしいですね。

ただしこのホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションのボディカラーのため、追加で33,000円が必要となります。

スーパーホワイト

引用:https://toyota.jp/sienta/

このボディカラーは車いす仕様専用カラーとなります。

そのため通常のシエンタのグレードでは注文ができないことになります。

シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/sienta/

こちらも幅広い層に人気の高いボディカラーになりますね。

一般的にシルバー系のボディカラーは営業車などでも使われるイメージが強いのですが、シエンタはセンタグリルのメッキとこのシルバーのボディカラーの相性が非常にいいことから、プライベートでも人気が高いボディカラーになります。

ブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/sienta/

ホワイト系と同様にどの車種でも安定の人気があるブラック。

メッキとの相性もいいだけでなく、ホイールをカスタムしたいと考えている人や、ボディのカスタムを考えている人にも人気の高いボディカラーになります。

ただし、夏にはとにかく熱くなるというデメリットや、傷がつきやすいというデメリットもあります。

人気がある反面、そういったデメリットも理解して選択をしていくべきボディカラーですね。

個人的にはこのボディカラーはおすすめです。

センシュアルレッドマイカ

引用:https://toyota.jp/sienta/

比較的、女性からの人気の高いボディカラーになります。

また意外と年配の男性からの人気もありますね。

実際に私も60歳代ぐらいの男性が乗っているのを見たこともありますが、なんかおしゃれな感じがしましたね。

このセンシュアルレッドマイカはメーカーオプションのボディカラーのため、追加で33,000円が必要となります。

ベージュ

引用:https://toyota.jp/sienta/

このベージュのボディカラーについては、2列シート車のグレード専用のボディカラーとなります。

あまり派手ではなくシンプルに車に乗りたいという人にはおすすめのボディカラーです。

また、汚れが目立ちにくいというのもこのボディカラーの特徴になります。

家族でキャンプでの使用をしたい人や、ウインタースポーツが好きな人なんかも、泥汚れとかも目立ちにくくなりますね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

ブラウン系のボディカラーになります。

男性が乗っても似合いますし、女性も似合うオールマイティーなボディカラーになります。

女性の人気が結構高く、特に20歳代後半から40歳代女性からの支持があります。

ベージュのボディカラー同様に汚れも目立ちにくく、ファミリー層にも使い勝手の良いボディカラーです。

このヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインはメーカーオプションのボディカラーのため、追加で33,000円が必要となります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

エアーイエロー

引用:https://toyota.jp/sienta/

新型のシエンタというと、このボディカラーのイメージをもっている人が多いのではないでしょうか。

シエンタのCMやカタログでも頻繁に登場するボディカラーですね。

ある意味シエンタらしさがあるボディカラーではないでしょうか。

実際に街でもこのボディカラーの車を見かけるとシエンタだとすぐにわかるぐらいにですね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

またイエローは一見派手なボディカラーに見えますが、派手な中でも落ち着きのあるボディカラーでもあります。

個人的な感覚としては20歳代よりも30歳代後半以降の層が乗っていることを多くみかけますね。

ブルーメタリック

引用:https://toyota.jp/sienta/

このボディカラーもシエンタらしさのがある色となります。

ブルー系は男性でも女性でも、そして年齢も関係なくどんな層にも合う色になります。

そのため、家族で乗りたいという人にも人気が高いですし、若い世代も、高齢世代も安心して乗れるボディカラーになります。

シエンタのこのボディカラーはシャープなイメージが強くなりますね。

ラディアントグリーンメタリック

引用:https://toyota.jp/sienta/

このボディカラーは3列シート車専用のボディカラーとなります。

比較的珍しいボディカラーで、シエンタを個性的に乗りたいという人にはおすすめのボディカラーになります。

40歳代から50歳代の女性にも人気が高く、かわいらしいのが特徴にもなります。

関連記事:シエンタの人気おすすめグレードは?

ツートーン(2トーン)のボディカラー紹介

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いてはツートーン(2トーン)のボディカラーを紹介していきます。

シエンタを更に個性的に乗りたいという人や、ちょっとしたアクセントが欲しいという人にもおすすめになります。

またシエンタの特徴として、下の部分にブラックがはいっているため、ツートーンにしても違和感を感じないというのも見ていただければと思います。

ブラックマイカ × センシュアルレッドマイカ

引用:https://toyota.jp/sienta/

センシュアルレッドマイカのカラーにブラックが入ることで、やや男性的なイメージも強くなります。

ファミリー層で、夫と妻で両方が使用するという家庭でも人気がありますね。

また屋根のブラックと、ボディの所々にあるブラックがなんともいいバランスなのもおすすめのひとつです。

このブラックマイカ× センシュアルレッドマイカはメーカーオプションのため追加で77,000円が必要となります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン × ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

ホワイト系のボディにブラックの屋根はよくあるツートーンのパターンですが、屋根がブラウン系は珍しい配色となります。

更にはサイドミラーもブラウン系の色が入っているおしゃれさがあります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

またボディ部分のブラックをみていくと、ツートーン(2トーン)ではなくスリートーン(3トーン)なのでは?と思わせるような配色でもあります。

個性的なボディカラーが好みの人にはおすすめになります。

このヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン× ホワイトパールクリスタルシャインはメーカーオプションのため追加で77,000円が必要となります。

ブラックマイカ × エアーイエロー

引用:https://toyota.jp/sienta/

先ほど紹介したエアーイエローの屋根をブラックにすることで、引き締まったイメージが強くなるボディカラーです。

エアーイエローを更に個性的にした感じですね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

あまり幅広い層には人気はなく、限られた個性的な車に乗りたいという人達からの支持が高いボディカラーです。

このブラックマイカ × エアーイエローはメーカーオプションのため追加で55,000円が必要となります。

ブラックマイカ × ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

このボディカラーはツートーンの中でも比較的落ち着いたボディカラーになります。

そこまで派手にはいきたくないけれど、ちょっとインパクトが欲しいという人にはおすすめです。

男性女性、年齢問わずに人気が高く、また飽きも来にくいボディカラーですね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

このブラックマイカ × ヴィンテージブラウンパールクリスタルシャインはメーカーオプションのため追加で77,000円が必要となります。

ブラックマイカ × ベージュ

引用:https://toyota.jp/sienta/

こちらのボディカラーは2列シート車のみの取り扱いとなります。

ベージュの落ち着きにブラックの屋根が入ることで、やはり派手さはないものの、飽きが来にくく、幅広い世代にも支持される配色パターンになります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

このブラックマイカ × ベージュはメーカーオプションのため追加で55,000円が必要となります。

ブラックマイカ × ラディアントグリーンメタリック

引用:https://toyota.jp/sienta/

このボディカラーは3列シート車のみの取り扱いとなります。

薄いブルー系のカラーであるラディアントグリーンメタリックにブラックの屋根が入ったボディカラーです。

女性に人気が高いラディアントグリーンメタリックでしたが、ブラックが入ることで、ボディのブラックとの相性も非常によく、幅広い層に人気がでています。

20歳代の男性にも似合うボディカラーになりますね。

引用:https://toyota.jp/sienta/

このブラックマイカ × ラディアントグリーンメタリックはメーカーオプションのため追加で55,000円が必要となります。

関連記事:シエンタの実燃費をハイブリッド車とガソリン車で比較

シエンタ・おすすめ人気カラー(色)ランキングTOP3はこれだ!

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタのカラーバリエーションのラインナップをみてきました。

ボディカラーが変わるだけで、その車のイメージも変わるため、ボディカラーの選択は結構重要ですよね。

そんな多くのバリエーションがあるシエンタのカラーバリエーションですが、続いてはおすすめ人気カラーの紹介です。

実際にシエンタの中でも人気が高いボディカラーTOP3を発表していきます。

シエンタおすすめ人気カラー第3位:ブルーメタリック

引用:https://toyota.jp/sienta/

やはりブルー系はどの車種でも人気が高いですね。

先程も紹介しましたが、年齢や性別関係なく、どの人でも似あうボディカラーということで、人気が高いです。

シエンタおすすめ人気カラー第2位:ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

安定のホワイト系が第2位でした。

シエンタはホワイトでもボディにブラックが入っていることで、シンプル過ぎないホワイトになり、人気が高いです。

シエンタおすすめ人気カラー第1位: ブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/sienta/

こちらも安定のブラックが第1位です。

ボディのブラック部分が目立たなくなり、少しシエンタらしさが減った感じにはなりますが、やはりブラックのボディカラーの人気は根強いですね。

関連記事:シエンタの人気おすすめグレードは?

シエンタ・価値を考えるならこのカラー(色)がおすすめ

引用:https://toyota.jp/sienta/

ここまでシエンタのカラーバリエーションや、おすすめ人気カラーTOP3を見てきました。

個人的にはエアーイエローを街で見かけることが多かったので、ランキングに入ってくるかなと思ったのですが、目立つから多く走っているように見えただけなのかもしれないですね。

シエンタは、多くのカラーバリエーションがあり、それぞれの好みで選べるので、非常に嬉しいのですが、もしそこまでボディカラーにこだわりがないという場合にはおすすめボディカラーがあります。

ブラックマイカ

ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/sienta/

ちょうど人気ボディカラーの1位と2位のカラーにもなるのですが、ボディカラーへのこだわりがなければ、この2色のどちらかがおすすめです。

一番の理由としては、シエンタの価値の問題となります。

もし将来的にシエンタを中古車として買取を考えている場合、価値が高い車の方が当然高く売れます。

そんな時に、どの車でも共通して価値が高くなるボディカラーはブラックとホワイトになるんです。

引用:https://toyota.jp/sienta/

中古車を扱う業者としては、人気のある車の方が当然売れるので、人気の高いブラックかホワイトは買取値も高くなるということになります。

そういった意味も含めて、ボディカラーへのこだわりがなければ、ブラックかホワイトがおすすめになります。

ただこれはあくまでも中古として売るときの価値の話になります。

一番は自分が好きな色の車に乗れることだと思いますので、あくまでも参考程度にしていただければと思います。

関連記事:シエンタの下取り価格は現状〇〇円?

シエンタ・カラーバリエーションまとめ

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタのカラーバリエーションについてまとめてきました。

多くのカラーバリエーションがあると、悩みやすくなりますよね。

自分が何年この車に乗りたいのかを考えて、自分が一番好きな色を選べるといいですね。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓