シエンタとアクアの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

シエンタとアクアの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

トヨタの大人気車種であるシエンタですが、同じトヨタ車でのアクアが大きなライバル車として存在ます。

シエンタの購入を検討している人で、アクアと迷っている人も多く、どちらがお得になるのかを知りたいですよね。

そこで今回はシエンタとアクアの違いを比較してみました。

広さや大きさサイズ、燃費から価格など、様々な比較をすることでシエンタとアクアはどちらがお得になるのかを見ていきましょう。

シエンタとアクアを比較!基本的な違いや共通点は?

引用:https://toyota.jp/aqua/

まずはじめに、シエンタとアクアの基本的な違いや、共通点について見ていきます。

細かい比較をする前に基本的な違いを知っておくことで、様々な比較も理解しやすくなるのではないかと思います。

排気量(エンジンの大きさ)

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタ:1.5L(1,500㏄)

アクア :1.5L(1,500cc)

シエンタもアクアも同じ1500ccの排気量となります。

そうなるとますますライバル車としてどちらが良いのか気になりますね。

グレード

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタ:ハイブリッド車・ガソリン車

アクア :ハイブリッド車

シエンタはハイブリッド車とガソリン車のグレード展開をしていますが、アクアはハイブリッド車のみのグレード展開となります。

勝手なイメージですが、アクア=燃費がいい

といったイメージを持っていまして、もしかしたらハイブリッド車のみの展開が、そういったイメージを作っているのかもしれません。

乗車人数

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタ:5人/6人/7人

アクア :5人

ここがシエンタとアクアの大きな違いのひとつになります。

乗車人数はシエンタは3列シートのため、最大7人まで乗ることができます。

アクアについては2列シートのみなので、最大5人までとなります。

※シエンタのグレードによっては5人乗りもあります。

参考:シエンタのグレード別の機能の違いは?

販売会社

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタ:トヨタ

アクア :トヨタ

シエンタもアクアも同じトヨタの販売となります。

ただしトヨタの中でも会社が分かれていますので、購入の際には注意が必要です。

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタ:トヨタ全店

アクア :トヨタ全店

とは言いましても、シエンタとアクアはトヨタのどの店舗でも取り扱いをされている車種となります。

通常だと例えばネッツ店にしかない車とか、カローラ店にしかない車なども存在しますが、シエンタとアクアは共通してどの店舗にもあるということで、トヨタのお店ならどこでも試乗ができたり、比較をすることができるのもうれしいですね。

ただし、反対に値引き交渉をする際には同じ店舗なので、価格競争が起こらないというのはデメリットにもなります。

もし値引き交渉をするのであれば、他の会社のライバル車の情報も事前に知っておくことが重要にもなります。

参考:シエンタのライバル車比較まとめ

シエンタとアクアを比較!グレード別価格はどのぐらい違う?

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタとアクアの基本的な違いや共通点を抑えた上で、様々な比較をしていきます。

まず最初は価格の比較になります。

エンジンの大きさも同じで、取り扱っている会社も同じライバル車となると、価格がどのぐらい違うのかも気になるところですよね。

シエンタとアクアの新車価格と中古車相場価格を比較していきます。

シエンタとアクアのグレード別新車価格は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはシエンタとアクアそれぞれのグレード別の新車価格を見ていきます。

◆シエンタの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード(ハイブリッド) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,579,500円
G 2,424,400円
X 2,268,200円
FUNBASE G 2,383,700円
FUNBASE X 2,227,500円
グレード(ガソリン) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,213,200円 2,357,300円
G 2,058,100円 2,202,200円
X 1,850,200円 1,994,300円
FUNBASE G 2,017,400円
FUNBASE X 1,809,500円

※『FUNBASE』とついたグレードが2列シートの仕様となっています。

 

◆アクアの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
特別仕様車 Crossover“Glam” 2,198,900円
特別仕様車 S“Style Black” 2,087,800円
Crossover 2,097,700円
G/G“ソフトレザーセレクション” 2,097,700円
S 1,921,700円
L 1,818,300円
G“GR SPORT” 2,372,700円

 

新車価格を見ていくと価格帯もほとんど同じ価格帯となります。

ただしグレードではアクアにはガソリン車はなく、4WDもありません。

シエンタはガソリン車グレードのみ4WDもあります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

もし坂の多い場所や雪の多い地域に住んでいる人や、ウインタースポーツをよくやる人なんかは、シエンタガソリン車の4WDがおすすめとなります。

価格が同じとなると、ますます機能的な部分での違いが重要になりますね。

参考:シエンタのグレードの機能の違いを紹介

シエンタとアクアの中古車価格を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いてはシエンタとアクアの中古車価格の違いも比較をしていきます。

シエンタ:89万円~287万円

アクア :25万円~253万円

新型での中古車価格を比較しました。

価格を見ていくとアクアの最低価格は低くはなっているものの、平均的にはそこまでの違いはないですね。

シエンタもアクアの中古車市場としても高い価格水準であることがわかります。

参考:シエンタのグレード別下取り価格はどれぐらい?

シエンタとアクアを比較!広さや大きさの差はある?

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタとアクアを比較したときに気になるのが大きさや広さですね。

価格が同じぐらいとなると、外観の大きさや室内空間の広さも選択をする大切な基準のひとつとなります。

特にシエンタやアクアの購入を検討している人は、室内空間の広さが理由で購入を決める人も多いので、しっかりと比較をして、どちらがお得か判断しましょう。

外回りの広さや、車内空間はどれぐらい違うのか見ていきましょう。

シエンタとアクアの外回りのサイズは?

引用:https://toyota.jp/sienta/

ますはシエンタとアクアの外回りのサイズの違いを比較していきます。

外回りサイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
シエンタ 4,260mm 1,695mm 1,675mm
アクア 4,050mm 1,695mm 1,455mm

長さ:シエンタ

横幅:同じ

高さ:シエンタ

という結果となりました。

さすが3列シート車と2列シート車の差がでました。

参考:シエンタは機械式駐車場に駐車できる?

シエンタとアクアの最小回転半径は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

最小回転半径を比べるとどうでしょうか。

シエンタ=5.2m

アクア =4.8m

引用:https://toyota.jp/aqua/

最小回転半径ではアクアの方が小さくなります。

最小回転半径は小さい方が小回りの効きやすい車という判断になりますので、アクアの方が小回りが効きやすく運転がやりやすいということになります。

シエンタとアクアの車内のサイズは?

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いてはシエンタとアクアの車内のサイズも比較をしていきます。

車内サイズ 室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
シエンタ 2,535mm 1,480mm 1,280mm
アクア 2,015mm 1,395mm 1,175mm

外回りのサイズの優れたほうは

長さ:シエンタ

横幅:シエンタ

高さ:シエンタ

外回りのサイズよりも更に差が出まして、全ての項目でシエンタの方が大きいサイズであるということがわかりました。

長さでは500mm以上の違いもありますし、横幅や高さも約100mmの差があります。

これも実際に乗り比べてみるとわかりやすいのですが、確かに室内の快適さは変わってきます。

シエンタも新型になってから室内空間の充実度も上がりましたので、その効果も抜群ですね。

参考:シエンタの新型と旧型の違いは?

シエンタとアクアの収納力を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタとアクアの収納力についてもシートアレンジも含めて写真で見ていきます。

◆シエンタの収納力

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆アクアの収納力

引用:https://toyota.jp/aqua/

引用:https://toyota.jp/aqua/

アクアも決して収納力はないわけではありませんが、シエンタと比較してしまうと、シエンタの方が様々なシートアレンジで収納をすることができます。

 

ここまででシエンタとアクアのサイズ感を比較して見てきましたが、サイズについては圧倒的にシエンタの方が優勢です。

もしサイズで車を選ぶのであればシエンタをおすすめします。

関連記事⇒シエンタの人気カラーTOP3はこれ!

シエンタとアクアの標準タイヤサイズを比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタ:185/60R/15

アクア :185/65R/15

※グレードによって16インチあり

タイヤサイズもインチで言うとシエンタもアクアも同じ15インチのサイズとなります。

若干数値は違ってきますが、ほとんど同じと言ってもいいですね。

また、タイヤのサイズは変更することで車の印象を全然変わってきますので、簡単なカスタムをしたいという人にはインチアップもおすすめします。

参考:シエンタのタイヤサイズは?インチアップはできる?

シエンタとアクアを比較!見た目はどう違う?

引用:https://toyota.jp/aqua/

続いては見た目の部分を比較していきます。

シエンタとアクアは見た目も結構似ている車種となります。

知らない人が見たら見分けがつかないなんて言う意見もあるほどですので、細かく見た目の違いも見ていきましょう。

シエンタとアクアのフロントを比較

まずは顔の部分の比較をしていきます。

◆シエンタのフロント

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆アクアのフロント

引用:https://toyota.jp/aqua/

引用:https://toyota.jp/aqua/

たしかに知らない人が見たら区別がつかないのも納得ですね。

そっくりなシエンタとアクアのフロントですが、一番の違いとしては、ヘッドライト下のラインになります。

シエンタの最大の特徴にもなりますが、ヘッドライトの外側から下に伸びているラインを見るとシエンタとアクアの区別がつきやすくなります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆シエンタのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆アクアのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/aqua/

ヘッドライトだけを見てもシエンタとアクアはそっくりで、2台とも上に吊り上がった目をしています。

ただアクアの方が少しシャープな感じになります。

シエンタとアクアのリア(バック)を比較

続いてはシエンタとアクアのリア部分の比較をとなります。

◆シエンタのリア

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆アクアのリア

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆シエンタのブレーキランプ

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆アクアのブレーキランプ

引用:https://toyota.jp/aqua/

シエンタとアクアの後姿も非常に似ていますが、ブレーキランプの形で大きな違いがありますね。

シエンタ=横長

アクア =縦長

これが明確な違いとなります。

その為、シエンタはトランクにもかぶってカバーがあるというおしゃれなデザインになっています。

引用:https://toyota.jp/sienta/

全体的に見ると非常に似た外観をしていますが、よく分析をしていくと結構違ってきますね。

どちらかと言うとシエンタの方が細かいデザインにこだわっている感じです。

参考:シエンタのモデルチェンジ情報は?

シエンタとアクアを比較!燃費はどっちがいい?人気(販売台数)の差は?

引用:https://toyota.jp/aqua/

ここまでの比較で言うと、どちらかというとシエンタの方が優勢かなといった感じですが、次は燃費と人気についての比較です。

燃費が良ければそれだけ維持費への影響も出てきます。

また人気もあるほうが中古車として売りたい時に高値で買い取ってくれる可能性が高くなりますので、重要ですね。

シエンタとアクアのカタログ燃費を比較

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆シエンタのカタログ燃費

シエンタカタログ燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 28.8km/L
ガソリン車 20.2km/L 15.4km/L

 

◆アクアのカタログ燃費

カタログ燃費 2WD Lグレードのみ(2WD)
アクア 34.4km/L 38.0km/L

アクアはハイブリッド車のみですので、シエンタのハイブリッド車と比較をしていきますと、カタログ燃費はアクアの方が断然良くなります。

シエンタとアクアの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

ではシエンタとアクアの実際の燃費(実燃費)も見ていきましょう。

◆シエンタの実燃費

シエンタ実際の燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 20.5km/L
ガソリン車 12.8km/L 11.7km/L

 

◆アクアの実燃費

実燃費 2WD Lグレードのみ(2WD)
アクア 23.7km/L

そして実燃費もアクアの方が良いということがわかります。

もちろん実燃費は道路の状況や運転の仕方、気温など様々な環境で変わってはきますが、さすがは燃費の良さで有名なアクアですね。

シエンタと比較をしても約3Km/Ⅼの差があります。

毎日通勤などで使用する人にとっては年間で計算すると、結構な金額の差にはなりますね。

参考:シエンタの実燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

シエンタとアクアの人気と販売台数の差は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いて、シエンタとアクアの人気の違いも比較をしていきます。

2017年4月~2018年3月の人気ランキング

シエンタ:15位

アクア :7

2017年4月~2018年3月の販売台数

シエンタ:90,756台

アクア :128,899台

人気で比較をしてみてもアクアの方が人気が高いことがわかります。

シエンタも全体の中での15位なので、人気は高い車ではありますが、アクアは更にその上を行っていますね。

参考:シエンタの安全性能は優れている?

 

燃費の良さと人気の高さの視点で比較をするとアクアが優勢となります。

シエンタとアクアのカラーバリエーションの違いを比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

カラーバリエーションの違いも比較をしていきます。

◆シエンタ:全16種類

モノトーン(単色):10種類

ツートン(2色)    :6種類

 

参考:シエンタの全ボディカラーはコチラ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆アクア:全18種類

モノトーン(単色):14種類

フレックス(2色) :4種類

 

シエンタも比較的多くのカラーバリエーションがありますが、アクアは更に多くの18種類のカラーバリエーションとなります。

アクアの特徴としてはフレックスカラーという、ボディに一部の色が違うものになります。

実際に街で見かけることはそこまでないのですが、見かけると一発でわかるぐらい印象に残るボディカラーとなります。

アクアのカラーバリエーション紹介

◆スーパーホワイト

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆グレーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラックマイカ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆スーパーレッドⅤ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆べージュ

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆オレンジパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆イエロー

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆フレッシュグリーンマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆クリアエメラルドパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブルーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ジュエリーパープルマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ブラックマイカ×スティールブロンドメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン×スティールブロンドメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆グレーメタリック×カッパーメタリック

引用:https://toyota.jp/aqua/

◆ホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー

引用:https://toyota.jp/aqua/

多くのカラーバリエーションのラインナップになっています。

私も街で『ホワイトパールクリスタルシャイン×エアーイエロー』を見かけたことがありましが一瞬、改造車かな?と思うような配色でした。

インパクトは絶大ですね。

参考:シエンタの人気カラーTOP3は?

シエンタとアクアを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタとアクアについて様々な視点から比較をしてきましたがいかがだったでしょうか。

外観も機能も似ている車だけにどっちがいいかと言われると難しいところですね。

もう一度、比較内容をまとめますと

・エンジンの大きさは同じ

・アクアはハイブリッドのみ(2WDのみ)

・シエンタはハイブリッドとガソリン(ガソリンは4WDあり)

・価格も同価格帯

・室内の大きさはシエンタの方が大きい

・外観もそっくり

・燃費はアクアが良い

・人気もアクアの方がある

・カラーバリエーションはアクアの方がある

といった感じになりますね。

引用:https://toyota.jp/aqua/

こういった比較を総合してみると、

燃費(維持費)で選ぶならアクア

機能で選ぶならシエンタ

といった判断になります。

またシエンタもアクアも同じ店舗にありますので、シートの硬さや乗り心地などを一度試乗して乗り比べてみるのもいいかもしれないですね。

今回の比較もひとつの参考にしていただければと思います。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓