シエンタとスイフトの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

シエンタとスイフトの違いを比較。広さ・大きさサイズ・燃費・価格!どっちがいい?

トヨタの人気車種であるシエンタですが、シエンタの外観とにた車種は結構多くありますよね。

その中のひとつのスズキのスイフトがあります。

全体的な車体のラインや、フロントからの見た目など似た感じのあるシエンタとスイフトですが、実際のところ大きさサイズや、広さ、燃費、価格など、どの程度違うのか気になる人も多いようです。

そこで今回はシエンタとスイフトを様々な視点から比較をしてみました。

シエンタとスイフトを比較!基本的な違いと共通点は?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

まずはじめにシエンタとスイフトの基本的な違いと共通点から抑えていきたいと思います。

排気量(エンジンの大きさ)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

 

シエンタ:1.5L(1,500㏄)

スイフト:1.2L(1,200cc)

※スイフトのターボタイプは1.0L(1,000cc)

まず排気量がシエンタとスイフトでは違ってきます。

一般的には排気量の多い車ほど、価格も高くなる傾向にあり、税金や燃費などの高くなるため維持費の排気量が多い車の方が高くなります。

グレード

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタ:ハイブリッド車・ガソリン車

スイフト:ハイブリッド車、マイルドハイブリッド車、ガソリン車(ターボあり、マニュアルあり)

グレードについては上記の通りの展開となります。

ハイブリッド車とガソリン車はシエンタもスイフトもありまして、スイフトのみマイルドハイブリッド車があります。

マイルドハイブリッド車は、ハイブリッド車とガソリン車の間位の感じで思っておいてもらえればと思います。

ある程度の燃費も良く、加速も良いといった感じですね。

乗車人数

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタ:5人/6人/7人

スイフト:5人

基本的に

シエンタ:3列シート

スイフト:2列シート

となります。

これはシエンタとスイフトの大きな違いにもなってきます。

その為、シエンタはファミリー層への人気が高く、スイフトは若年層から高齢層の1人で運転する人や、夫婦2人で乗る層にも人気があります。

販売会社

引用:https://toyota.jp/

シエンタ:トヨタ

スイフト:スズキ

シエンタとスイフトでは販売している会社が違います。

会社が違うということは、試乗などをしたい時にはわざわざ2つの店舗を回らないといけないというデメリットがありますが、実はそれ以外ではメリットの方が多くあります。

一番は価格交渉の際に、シエンタとスイフトはライバル車でもありますので、交渉がやりやすくなるということです。

やはりお互いのディーラーも相手には負けたくないため、ある程度の価格交渉をしてきてくれます。

また、購入側もそれぞれの車の強みと弱みを知っておくことで、交渉を有利に進めることができますので、しっかりと事前に調べておくことも大切になります。

参考:シエンタのライバル車との比較まとめ

シエンタとスイフトを比較!グレード別価格はどのぐらい違う?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

それでは基本的な違いや共通点を抑えた上で、様々な比較をしていきましょう。

まずは価格からです。

価格は車を購入する上でとても重要ですね。

シエンタとスイフトの価格はどれぐらい違うのか、グレード別で見ていきましょう。

シエンタとスイフトのグレード別新車価格は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはシエンタとスイフトそれぞれのグレード別の新車価格を見ていきます。

◆シエンタの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード(ハイブリッド) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,579,500円
G 2,424,400円
X 2,268,200円
FUNBASE G 2,383,700円
FUNBASE X 2,227,500円
グレード(ガソリン) 2WD (FF) 4WD
G Cuero 2,213,200円 2,357,300円
G 2,058,100円 2,202,200円
X 1,850,200円 1,994,300円
FUNBASE G 2,017,400円
FUNBASE X 1,809,500円

※『FUNBASE』とついたグレードが2列シートの仕様となっています。

 

◆スイフトの新車価格【2019年10月増税後(10%)】

グレード 2WD (FF) 4WD
HYBRID SL(ハイブリッド) 2,053,700円
HYBRID RS(マイルドハイブリッド) 1,888,700円 2,046,000円
RSt(ターボ) 1,901,900円
RS 1,789,700円 1,947,000円
HYBRID ML(マイルドハイブリッド) 1,828,200円 1,985,500円
XL 1,663,200円 1,820,500円
XG Limited 1,375,000円 1,532,300円

※スイフトは『全方位モニター用カメラパッケージ装着車』の価格
※その他にマニュアルグレードの価格もあります。

 

新車価格を見ていくとシエンタの方がワンランク上の価格となります。

やはり排気量の多さも違うこともあり、価格も変わってきますね。

またスイフトについてはハイブリッド車は1つのグレードのみとなり、それ以外はマイルドハイブリッド車とガソリン車が主流になる傾向です。

参考:シエンタのグレードの機能の違いを紹介

シエンタとスイフトの中古車価格を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いてはシエンタとスイフトの中古車価格の違いも比較をしていきます。

シエンタ:89万円~287万円

スイフト:59万円~195万円

中古車についてもシエンタの方がスイフトよりもワンランク高い水準になっています。

元々の新車価格もありますが、中古車価格が下がりすぎる車種というのはそれだけ中古車市場でも人気のない車種ということになりますので、売るときにあまり高値で売れない可能性があります。

車を購入する際には、自分の欲しい車が中古車ではどのぐらい値崩れをしているのかも理解したうえで購入することが、賢い購入方法になります。

参考:シエンタのグレード別下取り価格はどれぐらい?

シエンタとスイフトを比較!広さや大きさの差はある?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタとスイフトを比較したときに気になるのが大きさや広さですね。

外回りの広さや、車内空間はどれぐらい違うのか見ていきましょう。

シエンタとスイフトの外回りのサイズは?

引用:https://toyota.jp/sienta/

ますはシエンタとスイフトの外回りのサイズの違いを比較していきます。

外回りサイズ 全長(長さ) 全幅(幅) 全高(高さ)
シエンタ 4,260mm 1,695mm 1,675mm
スイフト 3,840mm 1,695mm 1,500mm

外回りのサイズを見ていくと、横幅については同じサイズになりますが、長さと高さはシエンタの方が大きくなります。

参考:シエンタは機械式駐車場に駐車できる?

シエンタとスイフトの最小回転半径は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

最小回転半径を比べるとどうでしょうか。

シエンタ=5.2m

スイフト=4.8m

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

やはり外回りサイズの大きいシエンタの方が、最小回転半径も大きくなります。

最小回転半径は小さいほうが、それだけ小回りの効きやすい車ということになりますので、スイフトの方が小回りが効きやすいことになります。

狭い道での運転や、Uターンなどはスイフトの方が適しています。

シエンタとスイフトの車内のサイズは?

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

続いてはシエンタとスイフトの車内のサイズも比較をしていきます。

車内サイズ 室内(長さ) 室内(幅) 室内(高さ)
シエンタ 2,535mm 1,480mm 1,280mm
スイフト 1,910mm 1,425mm 1,225mm

外回りのサイズの優れたほうは

長さ:シエンタ

横幅:シエンタ

高さ:シエンタ

となります。

やはり3列シートと2列シートの差が明らかに出てきますね。

こういった室内空間の広さから見ても、ファミリー層などの基本的に3人以上が車に乗ることの多い人はシエンタの方が快適に過ごせると思います。

引用:https://toyota.jp/sienta/

実際に私も乗り比べてみましたが、特に2列目に乗った時の広さのイメージはシエンタの方が明らかに広々とした感じがしました。

まあ実際足の伸ばし具合などはそこまでは大きな違いがないのですが、横幅と天井の高さが違うだけで、全然圧迫感は違いますね。

参考:シエンタは新型と旧型は何が違うの?

シエンタとスイフトの収納力を比較

続いてはシエンタとスイフトの収納力についても見ていきます。

ここでは写真でどんなシートアレンジで収納ができるのかも見ていきます。

◆シエンタの収納力

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆スイフトの収納力

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタとスイフトの比較といった観点では、やはりシエンタの車内スペースの広さは、スイフトより断然広いですね。

スイフトもそれなりの荷物を積むことができますが、シエンタは自転車や結構大きな荷物を積むことも可能になります。

関連記事⇒シエンタの人気カラーTOP3はこれ!

シエンタとスイフトの標準タイヤサイズを比較

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタ:185/60R/15

スイフト:185/55R/16

※グレードによって15インチあり

外回りや室内はシエンタの方が大きかったのですが、タイヤサイズについてはスイフトの方が大きくなります。

シエンタは15インチ、スイフトは16インチとなります。

タイヤサイズはワンサイズ違うだけでも見た目が結構変わってきます。

特にスイフトはどちらかというと走行性能であったり、外観に力を入れている車だけにタイヤサイズも標準で大きくなります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

またシエンタもある程度までタイヤサイズをインチアップすることが可能です。

もしちょっとしたカスタムをしたいなんて言う人は、インチアップをしてみることをおすすめします。

結構手軽にカスタムができますし、見た目の変わってきます。

参考:シエンタのタイヤサイズは?インチアップはできる?

シエンタとスイフトを比較!見た目はどう違う?

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いては見た目の部分を比較していきます。

シエンタとスイフトでは見た目がどう違うのかも分析していきます。

シエンタとスイフトのフロントを比較

まずは顔の部分の比較をしていきます。

◆シエンタのフロント

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆スイフトのフロント

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆シエンタのヘッドライト

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆スイフトのヘッドライト

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

シエンタとスイフトのフロントを見ると、結構似ています。

ヘッドライトの感じや、フロントのエンブレム周りのイメージも同じような形をしていて、正面だけ見ると見分けがつかないなんてい言う人もいるようです。

ただ、一番の特徴としてはシエンタのヘッドライト横から下に伸びるラインではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp/sienta/

これが新型シエンタの外観の特徴になります。

どのボディカラーでもこの黒いラインがあるため、とにかく目立ちます。

シエンタとスイフトのリア(バック)を比較

続いてはシエンタとスイフトのリア部分の比較をとなります。

◆シエンタのリア

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆スイフトのリア

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

 

◆シエンタのブレーキランプ

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆スイフトのブレーキランプ

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

リアについては違いが分かりやすくなります。

特にブレーキランプカバーの形が違ってきます。

シエンタ:横長

スイフト:四角

の形となります。

個人的にはシエンタのブレーキランプの方がおしゃれな感じかなと思っています。

 

全体的に似てはいますが、よく比べると結構違いのある2台になりますね。

シエンタとスイフトを比較!燃費はどっちがいい?人気(販売台数)の差は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

続いては燃費についても見ていきます。

燃費は維持費を考える上で重要な数値となります。

シエンタとスイフトのカタログ燃費と実際に燃費(実燃費)で比較をしていきます。

シエンタとスイフトのカタログ燃費を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

◆シエンタのカタログ燃費

シエンタカタログ燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 28.8km/L
ガソリン車 20.2km/L 15.4km/L

 

◆スイフトのカタログ燃費(ガソリン車)

カタログ燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
スイフト 24.0km/L 22.8km/L 20.0km/L

◆スイフトのカタログ燃費(マイルドハイブリッド車)

カタログ燃費 2WD 4WD
スイフト 27.4km/L 25.4km/L

◆スイフトのカタログ燃費(ハイブリッド車)

カタログ燃費 2WD
スイフト 32.0km/L

※マニュアルグレードの燃費は載せておりません。

カタログ燃費でシエンタとスイフトを比較すると、ハイブリッド車、ガソリン車共にスイフトの方が良くなります。

またスイフトのマイルドハイブリッド車は、シエンタのハイブリッド車とガソリン車の間といった感じですね。

シエンタとスイフトの実際の燃費(実燃費)を比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

ではシエンタとスイフトの実際の燃費(実燃費)も見ていきましょう。

◆シエンタの実燃費

シエンタ実際の燃費 2WD 4WD
ハイブリッド車 20.5km/L
ガソリン車 12.8km/L 11.7km/L

 

◆スイフトの実際の燃費(ガソリン車)

実燃費 2WD 4WD ターボ(2WD)
スイフト 20.8km/L 15.8km/L 13.5km/L

◆スイフトの実際の燃費(マイルドハイブリッド車)

実燃費 2WD 4WD
スイフト 17.2km/L 14.9km/L

◆スイフトの実際の燃費(ハイブリッド車)

実燃費 2WD
スイフト 21.5km/L

※マニュアルグレードの燃費は載せておりません。

実際の燃費(実燃費)で比較をすると、

ハイブリッド車:若干スイフト

ガソリン車:圧倒的にスイフト

といった結果になりました。

実燃費は計測をした時の運転の仕方や道路状況、気温などによって変化があるため、参考数値にはなりますが、ガソリン車の燃費の差は大きいですね。

ただ、ハイブリッド車についてはそこまでの差はないのも意外です。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

ちなみに車体の重量で見ていくと、

シエンタ:1,320㎏~1,380㎏

スイフト :840㎏~960㎏

シエンタの方がスイフトよりも500㎏近くの重さの差があります。

60㎏の人間を8人乗せるぐらいの重さの違いがあるということは、それだけ燃費が悪くなるのも当然ですね。

また加速で見ると、実際に運転をしてみた感想としては、スイフトの方が断然優れている印象です。

排気量は小さくても、車体の重さであったり、走行性能にこだわりを持っている車だけに、加速は強いですね。

参考:シエンタの実燃費をライバル車と比較すると良い?悪い?

シエンタとスイフトの人気と販売台数の差は?

引用:https://toyota.jp/sienta/

そんなシエンタとスイフトですが、人気や販売台数を比較するとどうでしょうか。

2017年4月~2018年3月の人気ランキング

シエンタ:15位

スイフト:45

2017年4月~2018年3月の販売台数

シエンタ:90,756台

スイフト:34,826台

上記の結果の通り、シエンタの方が圧倒的に人気があります。

デザインは人それぞれの好みによって変わりますので何とも言えませんが、やはり3列シートの車は人気がありますね。

また、2列シートのスイフトのようなタイプの車の場合、ヴィッツやフィットなどの似たタイプの車種の方が人気が高く、スイフトはやや低迷している感じにもなります。

参考:シエンタとヴィッツを比較

参考:シエンタとフィットを比較

参考:シエンタの安全性能は優れている?

シエンタとスイフトのカラーバリエーションの違いを比較

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタとスイフトのカラーバリエーションについても比較をしていきます。

◆シエンタ:全16種類

モノトーン(単色):10種類

ツートン(2色)    :6種類

参考:シエンタの全ボディカラーはコチラ

 

◆スイフト:全9種類

モノトーン(単色):9種類

 

カラーバリエーションはシエンタの方が豊富にあります。

ではスイフトはどんなカラーバリエーションがあるのか見ていきます。

参考:シエンタの全ボディカラーはコチラ

スイフトのカラーバリエーション紹介

◆バーニングレッドパールメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スピーディーブルーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ピュアホワイトパール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スーパーブラックパール

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆スターシルバーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆クラッシーブラウンメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ネオンブルーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆ミッドナイトバイオレットメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

◆プレミアムシルバーメタリック

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

スイフトのカラーバリエーションをみると、どちらかというと落ち着いたボディカラーが中心になります。

結構街で見かける時も、ファミリー層というよりは、若い男性が運転をしているのをよく見かけます。

そうった若い男性層に人気のあるボディカラーも多い傾向にありますね。

参考:シエンタの人気カラーTOP3は?

シエンタとスイフトを比較!買うならどっちがいい?

引用:https://toyota.jp/sienta/

ここまでシエンタとスイフトの比較をしてきましたがいかがだったでしょうか。

もう一度まとめると

・価格はスイフトの方が安い

・外回りの大きさはシエンタ

・室内の大きさもシエンタ

・燃費のハイブリッドはほとんど同じ

・燃費のガソリン車は圧倒的にスイフト

といった感じになります。

ここまでを総合的にみて、どちらの購入をおすすめするかになりますが、

ファミリー層であれば絶対にシエンタ

1人や2人で乗るのであればスイフト

になります。

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタの価格は高くはなりますが、室内空間のことを考えるとファミリー層にとってはシエンタが絶対的におすすめになります。

ただ夫婦だけで使用したい人や、独身の人なんかはそこまでのスペースは必要ないので、少し安く購入できるスイフトの方が経済的にもお得になります。

また乗り心地や運転のやりやすさは感じ方も人によって違いので、一度は試乗をしてみることもおすすめします。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓