シエンタ・値引きの相場と限界値引き額は?値引き交渉の秘訣公開!

シエンタ・値引きの相場と限界値引き額は?値引き交渉の秘訣公開!

トヨタの5ナンバーサイズのミニバン「シエンタ」は、ご家族をはじめ人気の高い車種です。

購入を決意するにあたって、やはりお支払い金額は抑えたいはずです。

そこで今回はシエンタを安く購入するための、値引きの相場と限界値引き額についてまとめましたのでご紹介いたします。

シエンタ・値引き相場はいくら?(ハイブリッド車&ガソリン車)

引用:https://toyota.jp/sienta/

まずはおおよその値引き相場からです。

車両本体価格からおよそ20万円前後

オプション価格からおよそ25%前後

また、ハイブリッド車とガソリン車で値引きの金額がどのぐらい違うのか気になる人も多いようですが、

ハイブリッド車とガソリン車でも、値引き相場に大きな違いは見られませんでした。

引用:https://toyota.jp/sienta/

では実際に値引きと言っても、どのようにして値引き交渉をすればいいのかと悩む方も多いと思います。

そこで値引き交渉における一般的なやり方をご紹介いたします。

値引き交渉の秘訣①他社ライバル車と競合

まず値引き交渉をする際に、他社のライバル車と競合させるのがいいでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

今回のシエンタと競合車として比較されるのが、ホンダのフリードです。

ホンダのフリードは、シエンタと見た目もサイズも使い勝手も比較的似ている車種となり、シエンタを購入したいという人の多くが比較対象として検討する車種になります。

参考:シエンタとフリードの細かい違いはコチラ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

シエンタとフリードを細かく違いを比較していくと、シエンタが優位な箇所、フリードが優位な箇所がそれぞれあります。

それを明確にしておいて、ディーラーとの値引き交渉の際に小出しにしていくのです。

正直、大きさや性能はディーラーが変えられるものではないので、その足りない部分を補うひとつの手段として、値引きになるのです。

一気に言わずに小出しにすることも、交渉のポイントとなります。

参考:シエンタとフリードの価格、サイズ、燃費を比較

値引き交渉の秘訣②トヨタのライバル車と競合

引用:https://toyota.jp/sienta/

値引き交渉の秘訣の2つ目は、同じトヨタのライバル車と言われている車種との競合です。

シエンタは現在、トヨタ系列の4つのチャンネル(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)で購入することが可能です。

他社の競合車であるフリードとで値引き額が伸び悩んでしまった場合、次はトヨタ同士で競わせるのもいいでしょう。

同じ会社の販売店でも、店舗ごとに販売目標というのが定められておりますので、あと1台で目標達成できるといった店舗は、思いもよらない値引き額を提示してくれる可能性も。

お時間があるのであれば近場の販売店のみならず、少し遠方のディーラーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

引用:https://toyota.jp/aqua/

しかし値引き上限額はそれぞれの会社で決められておりますので、注意が必要です。

またその際に商談見積もりを出してくれますが、こちらは同じ会社であれば「いつ誰が」、「なんの車種」などで出したかをコンピューター上で共有できるところが多いです。

そのため値引き競争に乗ってこず、早々に諦められてしまう可能性がありますのでこちらも注意が必要です。

ちなみに、トヨタ車の中でシエンタのライバル車に位置する車としては、

◆アクア

引用:https://toyota.jp/aqua/

参考:シエンタとアクアのサイズ、価格、燃費の違い

 

◆ヴィッツ

引用:https://toyota.jp/vitz/

参考:シエンタとヴィッツのサイズ、価格、燃費の違い

などがあります。

またその他にもシエンタのサイズや価格で考えると、トヨタや他社含めて非常に多くのライバル車と言われる車種がありますので、しっかりと違いを知っておくことをおすすめします。

参考:シエンタとライバル車の比較まとめ

ライバル車と比較をして値引き交渉をする際には、知識があればあるほど値引きの引き出しも多くなりますので、必ず事前にある程度の調査をしておきましょう。

シエンタ・限界値引き額のレポート紹介!

引用:https://toyota.jp/sienta/

車は販売年数が経つにつれて値引き額も伸びていきます。

やはり発売当初は話題もありますし、期待もあるためそこまで値引きをしなくても勝手に売れていくのですが、年数が経過すればするほど一般的には売れにくくなるので、それなりの値引きでカバーをする感じになります。

また新たに話題をつくったり、新鮮さを出すために、定期的にフルモデルチェンジやマイナーチェンジを行うことで、上手くバランスをとっています。

参考:シエンタのモデルチェンジ予想はいつ?

引用:https://toyota.jp/sienta/

シエンタの現在の限界値引き額で、車両本体価格からおよそ23万円だと言われています。

先ほどライバル車であるフリードと、トヨタの4つの販売店同士で競わせる方法をご紹介しましたが、トヨタ同士で競わせた方が値引き額は大きくなるといった声もありました。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/styling/design/

そもそもフリードは車両本体価格だけを見ますと、188万円~272万円になります。

ところがシエンタの車両本体価格は177万円~253万円ですので、フリードの方が高いのが分かります。

ですのでフリードと競合させても勝負にならない可能性が少なからずあります。

それなら価格帯が同じトヨタの販売店同士で競わせた方が、値引き競争に乗ってきたという方もいらっしゃいました。

ですが営業マンとしても他社メーカーとの競合の方が、トヨタユーザーを増やしたいと考えるはずなので、最初から諦めずにどんどんフリードの話を持ち掛けてみましょう。

参考:シエンタとフリードの価格、サイズ、燃費を比較

シエンタ・値引き目標は〇〇万円!?

最後に、目標とする値引き額がいくらぐらいなのかご紹介いたします。

引用:https://toyota.jp/sienta/

改めて車体本体価格からおよそ20万円前後、そしてオプション価格からおよそ25%前後がシエンタの値引き相場になります。

そしてオプション価格がおよそ40~50万円だと言われておりますので、そこから25%値引きですと10~12万5千円程度になります。

ですので30万円の値引きが今回の目標だと言えます。

下取車を少しでも高く売るには!?

引用:https://www.kuruma-sitadori.com/car-part-exchange/automobile-tax.html

さらにシエンタを安く購入する方法としまして、現在乗られている車を手放すことです。

いわゆる下取車として買い取ってもらうのがいいでしょう。

そこでもし下取車がある方は、まず始めにシエンタを購入した販売店買取専門業者、どちらに行けばいいか迷ってしまいますね。

そこで両社の違いについてご説明いたしますので、ご自身にあった方を選んでみてはいかがでしょうか?

販売店なら手間いらず

引用:https://toyota.jp/sienta/

販売店に下取車を依頼する場合は、車を買い替えることが前提となります。

直接販売店に下取車を依頼するメリットとしまして、

書類などの手間がかからない

値引き交渉の後押しに繋がる

があります。

下取車1台を依頼する際にもいくつかの書類や印鑑が必要となりますが、販売店なら営業マンの方にお任せできますので大変楽に話を進めることができます。

査定額なら買取専門業者の高く売れる可能性あり

最近では、下取り価格を比較しながら業者を1件1件回ることなくインターネットで手軽に、そして多くの業者に査定を依頼することができるようになりました。

業者は販売店と違って、査定額が高くつくことが多いと言われています。

その背景に業者オークションの出品があります。

それぞれの業者独自の販売ルートを確立しており、オークションで高く販売することができることから自然と査定額も高くなっていきます。

このオークションには国内だけに限らず、海外にも販売ルートを持っていることが多く、車種によっては海外でも高く売れる車があります。

引用:https://toyota.jp/landcruiser/gallery/

例を挙げますと、トヨタのSUV「ランドクルーザー」は壊れにくいといった理由から、海外でも絶大な人気を誇っています。

では不人気車種は高く買い取ってもらうことは不可能なのかといったら、そんなことはありません。

引用:https://showa-metal.jp/

車自体に価値が付かなくても、実はパーツ自体に価値がつくことがあります。

たとえ走行不能なお車であっても、パーツを売ることで利益をだすことができますのでご安心下さい。

現代ではインターネットで車種や年式、走行距離を入力するだけで査定額を知ることが出来ます。

しかも査定は1社だけではなく、最大10社が査定をしてくれるので、お互いが競合しあう関係で、自然に査定額が上がってくるのです。

また査定は完全無料ですので、納得のいかない価格であれば断ることも可能です。

是非一度試してみてはいかがでしょうか?

シエンタ・値引きの相場と限界値引き額まとめ

引用:https://toyota.jp/sienta/design/?padid=ag341_from_sienta_navi_design

いかがだったでしょうか?

今回はシエンタの「値引き」に注目してご紹介させていただきました。

トヨタ系列の会社ごとに値引きの上限などはございますが、少しでも支払額を安くする方法はいくつかありました。

ライバル車やトヨタの販売店チャンネルごとに、値引き額を提示させることで競合させることもできます。

ですが同系列の販売店同士では、コンピューター上でお客様個人情報や商談見積もり書が共有されますので注意が必要です。

そして下取車といっても、販売店と買取業者どちらかにするか迷われる方は、ご自身にあった方法で依頼してみてはどうでしょうか。

手間を省きつつ、値引き交渉を後押ししたいと考えている方は販売店へ。

少しでも査定額を上げるべく、今すぐ金額が知りたいと考えている方はインターネットでの買取業者へ。

これらを使いこなして、目標の値引き30万円にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓