ヴォクシー(VOXY)人気カラー色TOP3はこれだ!カラーバリエーション(色見本)紹介?

ヴォクシー(VOXY)人気カラー色TOP3はこれだ!カラーバリエーション(色見本)紹介?

日本を代表するミニバンといっても過言ではないヴォクシー(VOXY)。

そんなヴォクシーのカラーバリエーション(色の種類)を紹介してきます。

ヴォクシーにはどんなカラーバリエーションがあるのでしょうか?

また実際に人気のあるボディカラーTOP3や、購入後の先を考えた時にお得になるボディカラー(色)も紹介します。

ヴォクシー(VOXY)カラーバリエーションサンプル(色見本)紹介!

引用:https://toyota.jp/voxy/

まずヴォクシーのカラーバリエーション(色の種類)ですが、

単色:7種類

となります。

最近の車では、ボディカラー(色)と屋根の色が違うツートーンカラーや、中には3つのボディカラー(色)を使いスリートーンなんかもあります。

しかしヴォクシーはシンプルに単色のボディカラー(色)になるんですね。

では早速7種類のボディカラー(色)を紹介していきます。

◆ブラック

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーといえば、ブラックのイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

カタログやCMでも基本的にはブラックのボディカラー(色)のヴォクシーを使っていることが多いですよね。

まさにヴォクシーとイメージ色にもなります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

カッコいい父親のイメージのヴォクシーにとっては、ブラックの色はイメージ通りのボディカラー(色)ですね。

実は、一番初期のヴォクシーにはブラックのボディカラー(色)はありませんでした。

ブラックに近い色で、ダークグレーマイカのボディカラー(色)だったんですね。

ブラックのボディカラー(色)はカスタムをしたい人にも人気が高いです。

もちろん、カスタムをしなくても充分インパクトがあってかっこいいのですが、自分独自のカスタムをしたい人も、メッキとの相性もいいのでおすすめです。

ホイールなんかをインチアップや、違ったホイールにするだけでもインパクトがでるのでおすすめです。

◆ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/voxy/

ホワイト系のボディカラー(色)になります。

父親が乗っているイメージの強いヴォクシーですが、ホワイトになると女性も結構似合うボディカラー(色)になりますね。

結構街でもホワイト系のヴォクシーに乗っている女性を見かけます。

男性でも女性でも乗りやすいボディカラー(色)になるのではないでしょうか?

引用:https://toyota.jp/voxy/

また、ヴォクシーでカスタムをしたいという人にも、ホワイトは人気があります。

ホワイトはメッキなどと合わさると、高級感が増しますので、カスタムをしたい人にとっても人気が高いんですね。

更にホイールを変えた際にもホワイトはホイールが映えやすいので人気があります。

このカラーはメーカーオプションの為、33,000円が追加でかかります。

◆イナズマパーキングガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

写真を見ると、ブラックとの違いが分かりにくいのですが、ブラックをもう少し渋くしたイメージのボディカラー(色)になります。

実際、夜に見ると確かにブラックとの違いも分かりにくいのですが、光の当たり具合や、昼の太陽の当たり方で映えるボディカラー(色)になります。

個人的なイメージとしては、隠れたオシャレのようなイメージです。

ブラックだと、ヴォクシーのイメージ通りすぎるので、ちょっとアクセントがほしいなんでいう人にはおすすめです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

また、ブラックと比べるt汚れが目立ちにくいのも特徴になります。

細かい泥の汚れなども目立ちにくくなるので、アウトドアに頻繁に使用する人や、そんなに洗車をしない人にもおすすめです。

このカラーはメーカーオプションの為、33,000円が追加でかかります。

◆ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

ブルー系のボディカラー(色)になります。

そこまで青の色を強調するボディカラー(色)ではなく、少し落ち着いた感じのブルーになります。

男性女性問わず人気が高く、年齢層も幅広く使用できるボディカラー(色)になります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

どちらかというとシンプルに乗りたいという人や、カスタムなどはそこまでしない人におすすめのボディカラー(色)ですね。

このカラーはメーカーオプションの為、33,000円が追加でかかります。

◆ボルドーマイカメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

パープル系のボディカラー(色)です。

これも夜になると、ブラックにもみえるボディカラー(色)です。

男性、女性のどちらが乗っても似合うボディカラー(色)で、ファミリー層に人気が高いです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

このボディカラー(色)もどちらかというと、そこまでカスタムなどはしないシンプルに乗りたいという人は多いですね。

またホイールだけをカスタムしたいという、ワンポイントのカスタムする場合にも映えるボディカラー(色)になります。

※このボディカラー(色)はZSグレード(ハイブリッド&ガソリン)のみのボディカラー(色)となります。

◆シルバーメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

安定のシルバーです。

使い方は本当に幅広く、男性・女性、ファミリー層から、高齢層、若年層までオールマイティーなボディカラー(色)です。

また、営業車としても使用していることも多く、一般的な営業や、病院や介護施設、学校などなど、とにかく幅が広いです。

更に、カスタムをしたい場合にもカスタムが似合うボディカラー(色)になります。

引用:https://toyota.jp/voxy/

家族みんなで使用したいという場合にもおすすめのボディカラー(色)です。

※このボディカラー(色)はVグレード・Xグレード(ハイブリッド&ガソリン)、ZS“GR SPORT”グレードのみのボディカラー(色)となります。

◆アバンギャルドブロンズメタリック

引用:https://toyota.jp/voxy/

こちらもシルバー系のボディカラー(色)にはなりますが、シルバーよりは少し濃い色になります。

シルバー系の色よりも少しアクセントが欲しい場合には、このボディカラーがいいですね。

引用:https://toyota.jp/voxy/

シルバーメタリック同様に、年齢層や性別に関係なく乗りやすいボディカラー(色)になりますので、使用用途の幅が広いのも特徴ですね。

※このボディカラー(色)はVグレード・Xグレード(ハイブリッド&ガソリン)のみのボディカラー(色)となります。

ヴォクシー(VOXY)人気カラー(色)TOP3はこれだ!

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーのカラーバリエーションは7種類でしたが、実際販売をされている中で人気のあるボディカラー(色)TOP3を紹介します。

人気カラー1位:ホワイトパールクリスタルシャイン

引用:https://toyota.jp/voxy/

やはりホワイトの人気が強いですね。

男性も女性もどちらが乗っても似合うボディカラー(色)ですので、ファミリー層にも人気が高いようです。

ファミリー層の使い方として多いのが、1台のヴォクシーで、平日はお母さんが私用して子供の塾の送り迎えや買い物に使用。

休日はお父さんが運転をして家族で使用するというパターンが多いようです。

たしかにそういった使い方をする場合、お父さんもお母さんも運転をしていて違和感のないボディカラー(色)が人気がでますね。

人気カラー2位:ブラック

引用:https://toyota.jp/voxy/

2位も安定のブラックです。

やはり男性からの人気が高いようですが、意外と女性からも支持があります。

ファミリー層だけでなく、独身の男性や子育てが終わった層の購入をする人が多く、年齢層としても、20歳代~60歳代まで、幅がとにかく広いです。

価格とサイズのバランスを考えた時に、購入しやすく、かつ安っぽくもないという事で、様々な層からの指示があります。

人気カラー3位:イナズマパーキングブラックガラスフレーク

引用:https://toyota.jp/voxy/

イナズマパーキングブラックガラスフレークも幅広い層から人気があります。

ブラックだとちょっとイカツすぎると考える女性や、高齢層にも人気が高いです。

また、ボディカラー(色)としても、高級感があるボディカラー(色)というのも30代後半以降の層からの人気があるようです。

シンプルに高級感があるボディカラーですね。

関連記事:ヴォクシー(VOXY)安全性能・安全装備・装置は?

ヴォクシー(VOXY)価値を考えるならこのカラー(色)がおすすめ

引用:https://toyota.jp/voxy/

将来的に愛車を売ったりすることを考えた際に、絶対的におすすめのボディカラー(色)は

ブラック

ホワイト

になります。

これはヴォクシーに限らずほとんどの車でも同じことが言えるのですが(例外の車種もあります)、ブラックとホワイトはとにかくどの車種でも人気が高いんです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

街で走っている車を見てもらうと分かるのですが、意識してボディカラー(色)を見てもらうと、圧倒的にブラックとホワイトが多いことが分かると思います。

それは、それだけブラックとホワイトが人気があるという事になります。

人気があるという事は、中古車としての価値も高くなるのです。

引用:https://toyota.jp/voxy/

人気がある=価値がある=よく売れる

という事ですので、当然買取の時も、人気があるボディカラー(色)の方が高く買い取ってくれるのです。

特にヴォクシー自体が車種としても非常に人気が高く、中古車としても買い取り手が多い車種なので、ヴォクシーのブラックとホワイトは価値が高いといえるでしょう。

関連記事:ヴォクシー(VOXY)/ノア/エスクァイアの違いを比較!

珍しいボディカラー(色)は価値が低い?

引用:https://toyota.jp/voxy/

反対に、珍しいボディカラー(色)については、ほしいという人が少ない分、売ろうと思った時には価値が低くなります。

売ることは考えずに自分の愛車として長く乗りたい場合や、とにかくそのボディカラー(色)が気に入っている場合には、もちろん自分の好きな色が一番です。

ただ、そこまでボディカラー(色)にこだわりが無いのであれば無難なブラックかホワイトをおすすめします。

カスタムも要注意!

引用:https://toyota.jp/voxy/

またボディカラー(色)の他にカスタムをしたいという人も要注意です。

カスタム自体は、自分の好きな車に改造をしたりすることで、大変おすすめなのですが、売るという事を考えた場合には大きく価値が下がる覚悟が必要です。

一般的にはノーマルのカスタムもない状態の車を好む人が多いため、カスタム度合いが大きければ大きいほど価値が下がる傾向にあります。

それでもどうしてもカスタムをしたいけれど、価値は下げたくないという人は、ホイール交換やタイヤサイズのインチアップをおすすめします。

 

タイヤなら、車を売る前に純正タイヤに交換すれはすみますので、手軽なカスタムができます。

注意点としては、新車購入時に最初からホイールを変更する場合には、必ず純正タイヤは保存をしておいてください。

私も過去に純正タイヤなんて必要ないと思って、ディーラーに引き取ってもらって、数年後に後悔したことがあります。

ヴォクシー(VOXY)カラーバリエーションまとめ

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーのカラーバリエーションや人気カラーについてまとめました。

また売る時のおすすめカラーもお伝えをしました。

いくつかお伝えをしましたが、一番は自分がどのボディカラー(色)に乗りたいかという事だと思います。

もちろん価値の問題もあるかもしれませんが、購入してから数年は共に過ごす愛車になります。

そういった意味でも自分が一番気に入ったボディカラー(色)をみつけてみてください。

⇒あなたの愛車の最高額を今すぐ確認してみる

新車が値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

現在の愛車の最高額を知り、そのお金を新車購入資金にする!?

愛車を複数の会社で査定し
査定額やサービス内容を
比較することがベスト!

ディーラーでの下取り価格よりも
買取業者の方がお得に!?

⇒愛車の最高額の無料確認はコチラ

一括査定サイトを使うことで
安心・安全な大手下取り会社の最大10社

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

↓↓完全無料で愛車の最高額を今すぐ診断↓↓