シエンタのリコール2023年の最新情報!シエンタに乗っている人はすぐに確認を!!

トヨタの人気車種であるシエンタのリコールが2023年11月に正式に発表されました。

シエンタのリコールはどんな内容なのか?対象となる車種やその他詳細についてまとめました。

トヨタ・シエンタのリコール2023年の不具合詳細

トヨタから公式で発表されたリコールとなった不具合は以下の通りです。

シエンタのリコール不具合①パーキングブレーキ

簡単にまとめると、パーキングブレーキに不具合箇所があり、使用できなくなる可能性があるとのことです。

 

(1)足踏み式パーキングブレーキにおいて、ペダルをボデーに固定するボルトの締付トルク指示が不適切なため、締結力が不足しているものがあります。そのため、使用過程で当該ボルトが緩んで脱落し、最悪の場合、パーキングブレーキの操作ができなくなるおそれがあります。

※トヨタ公式HPより引用

下の図でも説明をしていますので、詳しく知りたい方はご確認ください。

引用:https://toyota.jp/recall/2023/drawing/1122_2_1.html

シエンタのリコール不具合②浸水の可能性

簡単にまとめると、雨漏り等の浸水の可能性があり、その結果、電気系に影響がでて、ドアロックやスライドドアに不具合がで可能性があるとのことです。

(2)フロントピラーガーニッシュ取付部において、取付用クリップの防水耐久性が不十分なため、経年により車室内に浸水して、電装品のコネクタが被水し短絡することがあります。そのため、電動ドアロック等の作動不良や、最悪の場合、電動スライドドア装着車は走行中にスライドドアが開くおそれがあります。

※トヨタ公式HPより引用

下の図でも説明をしていますので、詳しく知りたい方はご確認ください。

引用:https://toyota.jp/recall/2023/drawing/1122_2_2.html

以上の2点が2023年11月に発表されたシエンタのリコール情報となります。

なおリコール開始日は2023年11月23日(木・祝)からとなります。

トヨタ・シエンタのリコール2023年の改善内容は?

そんなリコールが発表されているシエンタの改善内容は以下の通りです。

シエンタのリコール改善内容①パーキングブレーキ

全車両の対象となるボルトの状態を確認し、適正なトルクで増し締めをします。

また、脱落してしまっているものについてはパーキングブレーキペダルを新品に交換します。

シエンタのリコール改善内容②浸水の可能性

対象となるクリップの交換をします。

また電動スライドドア装着車はプログラムを対策仕様に修正します。

更に、コレクタに破水の跡がある場合にはグリスを塗ります。

 

こういった感じで、リコール対象となった2つの箇所の改善を対応してくれます。

トヨタ・シエンタのリコール2023年の対象となる車種は?

続いて、2023年シエンタのリコールの対象となる車種についての情報です。

引用:https://toyota.jp/recall/2023/1122_2.html

型式や車体番号などが細かく載っていますが、よくわからない場合は

制作期間:平成27年5月12日~令和3年6月17日

の付近で購入した場合、リコールの対象となる可能性があります。

シエンタのリコール2023年の対応方法は?

今回のリコールですが、対象車については基本的には新車で購入している場合、事前にディーラーからハガキ等で連絡がいくと思います。

ただし中古などで購入していた場合、必ず連絡がいくとは限りません。

もし自分の車種がリコールの対象がどうかが分からない場合、お近くの販売店に連絡をして確認をしてみることをおすすします。

なお連絡をする際には、車検証を準備してから連絡をすると、やり取りがスムーズにいきます。

 

知らなきゃ損!?愛車の相場確認はコチラ

PR

新車が値引き額から、さらに安くなる裏ワザとは?

  • 『新車は予算オーバーだ・・・』
  • 『値引き交渉したいけれど苦手で・・・』
  • 『新車を最安値で手に入れたい・・・』
  • 『ディーラーの売り込みがイヤ・・・』
  • 『車種を比較する時間がないな・・・』
  • 『とにかく最安値で手に入れたい・・・』

など新車の購入を
検討しているけれど悩みが尽きない・・・

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談をしたところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが絶対お得!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーででの下取りよりも
買取業者の方がお得なことは
当たり前にあるんです。

一括査定サイトを使うことで
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車の査定、後回しは損・損・損!

>>愛車の相場確認<<